ハードダーツの選び方 [ダーツショップGEEKS]

ホーム お支払・発送 買い物カゴ お客様MYPAGE 店舗案内 BLOG LINK
ソフトダーツ
ダーツシャフト
ダーツフライト
ダーツチップ
ダーツボード
ダーツケース
ダーツアクセサリー
ハードダーツ
HOME > ハードダーツの選び方
ハードダーツの選び方
こんにちは。ダーツボードを購入されたお客様に、ぜひ、ハードダーツを試していただきたく思います。
今までダーツボードを購入される場合、ご自宅での練習用という方が大半でした。でも、ここ最近では
「ハードの投げ具合ってどんな感じなんだろう?」と気にされている方も多くなってきているように
思います。実際、メールやtelにてのお問い合わせでは、"どれを選べばよいのか?"という声が一番の
相談です。そこで、 いくつかハードダーツ選びのポイントをあげます。
<ソフトと同じモデルをチョイス>
ソフトと同じモデルのハードを試してみるというのをオススメしています。ただ、ソフトに比べハードは重量もあるので全く同じ重量のダーツは難しいかもしれません。平均的には22g〜24gぐらいが初心者には良いかと思います。決して重いダーツが投げにくいということはありません。個人的な感想では重すぎるとソフトの練習にならないということはないように思います。
<ソフトに近い重量でチョイス>
あくまでもソフトに近い感覚で投げたいという方は、
UNICORN E5000シリーズ
などのモデルを試してみると良いかもしれません。
あと、コンバーションポイントとの違いについてですが、コンバーションポイントが1.5gほどありますので、例えば20gのダーツに取り付けた場合などを考えると、22g程度のハードダーツを試してみるのも良いと思います。また、ソフトでチップに指をかけて投げる方などは、ハードの場合、針とバレルのつなぎ目部分が微妙にソフトのデザインとは異なりグリップ感やダーツの重心バランスも変わってくるでしょう。
例えば、ソフトチップ「DMC Hawk」 にコンバーションポイントを使用した場合と、
ハードダーツ「DMC Hawk」 を比較すると、コンバーションをつけたソフトの方が意外にも全体も長くなってしまいます。
他にもハードダーツは投げる距離も7cmほどソフトダーツより手前からになり、ダーツの先端の針もロングチップに比べ1.0cmほど長くなります。その分グリップ感や飛ぶ感じも変わります。しかも、ダーツボード自体もマシーンに比べひとまわり小さく、ブルが本当に小さく感じてしまいます。ブルに3本入ったときはマシーン以上に感動しちゃいますが… より本物志向を求める方は、ぜひ「ダーツショップGEEKS」でハードダーツをお試しください。
サイトマップ 卸販売 個人情報保護について 特定商取引 ナビゲーション